必ず最善の答えが見つかる クリエイティブ・チョイス

世話人の本です。自分で書評するわけにもいかないので、この本と起-動線との関係を簡単に書かせてください。

「クリエイティブ・チョイス」ないし「創造的な選択」という言葉は、起-動線ランチなどを通じてお会いしてきた皆さんに共通する何かをまとめようとしているうちに思いついた言葉です。とても魅力的な言葉なので、こういうタイトルで誰かが本を書かれるのではないかと戦々恐々としていましたが、こうして無事に出版することができてホッとしています。書籍の情報は別のサイトにまとめてありますので、よろしければそちらも併せてご覧ください。

『必ず最善の答えが見つかる クリエイティブ・チョイス』

友達に伝える
作成: 2009/4/16 by:koji


〈起業〉という幻想 ─ アメリカン・ドリームの現実

ミニ書評

コメント一覧

投稿ツリー


Re: 必ず最善の答えが見つかる クリエイティブ・チョイス
 
katotak 投稿日時 2009/5/6 6:08
最初読む前は、頭が柔らかくなるアイデア創りのノウハウ本と思っていました。
だって、冒頭のクイズがとっても面白くて、うわー、一本取られた、僕もこんなにスマートな選択肢を考えられるようになりたい!と思って読み出したから。

ところが、チョイスというのは、選択肢(名詞)であるとともに、選択する(動詞)を意味していたのだ、ということに、読み出してしばらくしてから気づきました。
今の僕にとって、冴えた選択肢を作ることよりも、ベターな選択をし続けることそれこそが、大切なことなんだ、って。

どうやったら、決断できて、前に進む一歩を踏み出し続けられるか。シンプルに腑に落ちて僕でも出来そうな感じに書いてある。
これこそが、僕が一番必要としていたことでした。
だから、あっという間に読んで、久しぶり本で興奮しました。

働くことも生きることも同じ。と、堀内さんが一人称で書いて自身の経験をさらけ出してくれたのが、またしみじみ共感。
自分自身、人生の岐路に立ち続けて、留学したり、育児休業したり、社内転職したりと、踏み出しているようで、踏み出しきれていない、モヤモヤした不完全燃焼感を感じていました。

その時々で、第三の答えを考え出し、その答えを選択し、より最善にしていく。
それをつづけることで選択が最善になって行く。
自分のとった選択を最善に、ストーリーを書き換えるんだ、といわれて、なるほどなぁ、と。

仕事、私生活を問わず、自分自身で選択したいと思っていて、背中を押して欲しいと思っていた僕にぴったり。
これ読んだからって、人生の岐路でのモヤモヤモゾモゾからは救われるわけじゃない。

けど、人生ってモヤモヤし続けるもんなんだよ。こうやったら一歩芽が出るよ。一緒に歩こうよ、って言ってくれる、得難い良い友達に出会った感じデス
Re: 必ず最善の答えが見つかる クリエイティブ・チョイス
 
KojiTakahashi 投稿日時 2009/5/24 19:40
非常によい本だと感じました。数多くの引用と堀内さんの体験に基づくストーリーがうまく絡み合い、形づくられていると思います。

また、かなり幅広い分野を扱っているので、読む時期時期の問題意識によって、刺さるポイントが変わってくるというドラッカー的な本だなと思います。

特に引っかかったところを以下につらつらと書きます。

1.人生における最大の過ちは、過ちを犯しはしないかと恐れ続けることだ
2.ハードワークとはリスクとの付き合いに他ならない。それはまず、自分が背を向けたいようなことと向き合うことから始まる
3.それをすることで生じるリスクだけでなく、しないことで負うリスクを考えること
4.考えるが、動かないのは「老化現象」
5.殻を破る

以上がよいと思ったポイントです。
私のバックグラウンドによって、非常にバイアスがかかっている気もしますが(笑)

以上のポイントは、結局全て「結果とは行動の積み重ねにすぎない」ということに行き着くのではないかと思います。

以前、内田樹さんの下流志向という本にありましたが、下流ほどリスクをとり一発逆転という偶然を信じ、上流ほど地道な努力を積み重ねるのだそうです。

背を向けたいことを直視し、考えた上で、恐れることなく行動し、その行動を繰り返すことによって、初めは目に見えた成果がでなくても、いつか殻を破る。

これが大切だなと改めて実感しました。

また、仕事柄、活用できそうだなと感じたのは、
・the want list
・バックキャスティング法
ですね。

ソリューション営業研修や営業管理者研修、キャリアデザイン研修でそのまま活用できそうです。

クリエイティブ・チョイスというタイトルについては、かなり勉強している人にとってはつながりが刺さるタイトルかなと思いましたが、一般の人が見ても内容がイメージできないところもあるなと少し思いましたね。


新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)


Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/Services/Amazon.php line 1236 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/Services/Amazon.php line 1263 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/HTTP/Request.php line 412 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/HTTP/Request.php line 736 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/HTTP/Request.php line 749 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/HTTP/Request.php line 794 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/XML/Unserializer.php line 801 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/XML/Unserializer.php line 804 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/XML/Unserializer.php line 974 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file /home/yuigahama/pear/php/XML/Parser.php line 616 (1)