「ドイツビールおいしさの原点」ご案内

最近の文書(サブカテゴリーを含む)

「ドイツビールおいしさの原点」も好評発売中! (2006/8/4)
「ロハス・ワールドリポートー人と環境を大切にする生き方ー」(ソトコト新書、木楽舎)とほぼ同時期に発売されたドイツビールおいしさの原点 −バイエルンに学ぶ地産地消−」(学芸出版社)、こちらもご好評いただいています。

こんな声をいただきました。

「ドイツビールおいしさの原点」を楽しく読ませていただきました。(中略)モルトは残念ながら国産とは行かず、主にドイツ産を使用しています。国産は手には入りません。地産地消でもしビールができればもっと良いと思います。酒税に対するご意見には大賛成です。われわれも頑張りますが、ご支援をお願いいたします。
 (みちのく福島路ビール 代表取締役 吉田重男 様)

 「ドイツビールおいしさの原点」とても楽しく読ませていただきました。記述が非常に具体的で、細部に及んでいますので、情景を頭に描きながら読むことが出来ました。また、ご主人の撮影された写真も、とても美しく、土地の雰囲気満点でした。
 ミュンヘンの水の事情、いい水を市民に供給するために、大変な努力をした(している)のですね。私の住んでいるところは、後ろに阿武隈山脈を抱えていますので、そこからの豊かな地下水のおかげで、安心して水道水は飲めます。でも、東京や横浜などへ行ったときに感じる水質の悪さ!これは決して人事ではありません。
                         (福島県南相馬市 K.I様)

また、先日スイスでご一緒させていただいた読売新聞会津若松支局長の石原健治記者は、ご自身のメーリングリストを通じて「ロハス・ワールドリポート」とともに「この2冊は行き詰まる日本の環境、福祉、医療、農業、消費者運動などに新たな刺激を与えてくれる重要な書です」と身に余るご紹介をして下さいました。

さらに、環境・CSR情報満載のサイト「エコロジーオンライン」の「ヨーロッパ日記」のコーナーでは、本書の内容を詳しくご紹介いただきました。

皆さん、本当にありがとうございました!

いよいよ夏本番。ビール片手の夏休みの読者リストに、「ドイツビールおいしさの原点 −バイエルンに学ぶ地産地消−」をぜひどうぞ!

このカテゴリーの文書


新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)