60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法

「60分間」「ダントツ化」というタイトル、黄色い表紙、「実践マーケッター」という肩書き。ちょっと怪しげだけど、でも内容は堅め。いいですねえ。

戦略にもいろいろありますが、これは販売戦略の本。「戦略」という言葉にこだわりを持たれる方からすると戦術レベルの話も多いかもしれませんが、とにかく中小企業が使える実践書という趣向です。わたしはセールスを学んだことが無いので大いに勉強になりました。

こういう方法論はチェックリストとして使うのがよいですね。ずらずらと眺めていると、こんな視点でセールスを考えたことなかったな、という発見がきっと幾つか出てくると思いました。後でやってみます。

もっともうなづけたのが『わからないときには、左下にもってくる』というやりかた。
クワドラントを描く(適当な縦軸と横軸で4分割された図をつくる、たとえば商品をニーズの高低 vs. ウォンツの高低で分析する)ことは、複雑な物事を敢えてシンプルな軸で切ってしまうので、常に試してみる価値のある分析方法です。

ちょっと乱暴に言うならば、分析の半分はどれくらい良い縦軸と横軸を見つけられるかに掛かっているのではないでしょう。よい比較軸が見つかれば、それに沿って具体的に考えを深めていくことができます。

普通は自己採点をして、まず現在のポジションをプロットするところから始めるわけですが、とにかく『わからないときには、左下にもってくる』。左下からスタートして右上のマスに引き上げるためにどのようなルートを通ればいいか、ここで色々と考えることができます(「意志決定のフレームワーク」で「やりたい−できる」マトリックスを描きましたが、まさにこれです)。

この本では20近くのクワドラントが提案されているので、考え応えがありますね。本で薦められているように、チームでやってみたら面白いと思いました。

友達に伝える
作成: 2003/8/26 by:koji


A-3 (自分)仕事力を伸ばす

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)