「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55

勉強好きの著者による、経験談の集積。

1日30分の勉強で済むような効率の良い勉強法があると主張しているわけではありません。むしろ、「勉強にかける時間」こそが成果に直結する因子であるというのが著者の考え。そのためにどうやって時間を捻出するか、飽きずに勉強し続けるにはどうしたらよいかといった具体的な経験談が語られています。「コツコツやるしかないのだ」と説得されたい人にはよいかもしれません。

共感したフレーズをひとつ引用します。
引用:
 多くの人が、この感情に耐えられなくて、数ヶ月〜数年におよぶ勉強を続けたりすることができません。その感情とは?
 孤独感です。(略)周囲に応援してくれる人がいたとしても、勉強中は孤独なものです。ですから、あなたが何か大きな目標を持って勉強をし始めていれば、この感情をある程度感じることは、はじめから知っておいたほうがいいでしょう。(p120)

ただ、あくまでも個人的な信条に基づいた個人的な経験談であることは頭に入れておくべきでしょうね。たとえば、食事法についても提案があるのですが、
「■ご飯などの炭水化物を消化する場合は、アルカリ性の胃液で消化する。」
といった、事実でない知見に基づいた本を鵜呑みにした表現があったりします。(胃液は強い酸性。原著者は何らかの意図でそのような表現をしたのかもしれませんが、本書の著者はそれを汲めていない様子)

こういった誤解があるから他の箇所も信用ならんということではありません。しかしどの程度の裏付けを得て書いているかは推測ができます。

友達に伝える
作成: 2007/10/19 by:koji


A-3 (自分)仕事力を伸ばす

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)