食も心もマインドフルに―食べ物との素敵な関係を楽しむために

盲目的な食事制限・過食・小食をいましめ、マインドフルに食事をしようという本。
仏教でいう「四念処」の枠組みを借りて、心・身体・思想・感情それぞれの観点から「マインドフルに食べる」とはどういうことか、どう実践するかといった解説がなされています。

着眼はとてもいいと思うのですが、身体を除く心・思想・感情の違いがちょっと分かりづらかった。

マインドフルでない(マインドレスな)食べ方の例に面白いものがあったのでご紹介します。
  • 【心】食物の摂取について警戒心が強く、食品ラベルを詳しく調べる。
  • 【心】食べ物を「良い」または「悪い」に分類する。
  • 【心】健康に良いということよりも、減量を念頭にして食品を選ぶ。
  • 【心】ダイエットを始める前に大量に食べ、ダイエットなどほんの短期間しか続かないことを確信している。
  • 【身体】次々と新たなダイエットをとっかえひっかえ繰り返すため、常に体重が上下に変動している。これは長期的にみて非常に不健康である。
  • 【身体】絶食し、食物摂取を不健康なレベルまで切り詰める。
  • 【身体】自分の身体が望んでいることに耳を傾けない。
  • 【思想】カロリー、一人前の料理の分量、ダイエットのコツについての情報をたくさん知っている。
  • 【思想】栄養的な必要性を無視する。
  • 【思想】自分には達成すべき理想の体重があると信じている。
  • 【思想】しきりに食べ物について話し、考える。
  • 【思想】食べるという経験、もしくは喜びよりも、食べ物のカロリー的な価値についてより考える。
  • 【感情】自分の身体を太っていると感じ、不満を示したり嫌悪感を抱いている。
  • 【感情】食事行動に左右されて気分が動揺する。
  • 【感情】ダイエットの決まりを破ると罪悪感に駆られる。
  • 【感情】他人の身体を検証し、しきりに鏡をチェックする。
  • 【感情】ダイエット用の食事以外のものを食べると、まるで不正を働いたかのように感じる。
  • 【感情】自分の体型をなかなか受け入れることができず、誰かほかの人の身体を得たいと思っている。

慢性的にマインドレスなダイエットをしている人の特徴 - *ListFreak


友達に伝える
作成: 2011/2/18 by:koji
更新: 2013/9/20 by:koji


学校では絶対に教えてくれない 自分のこころのトリセツ

C-2 (基盤)心身の健康を保つ

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)