象の鼻としっぽ

コミュニケーションギャップのメカニズムをていねいに考え、解き明かした本。コミュニケーションにおいて、どこでどんなギャップが生じるのか、それはなぜかといった話が、240ページの本の実に220ページくらいまで続きます。ギャップの埋め方については、最後の最後のほうでヒントが提示されるにとどまっています。

では面白くない・使えない本なのか。その正反対なところがおもしろい。コミュニケーションギャップの所在と原因を学ぶという本来の読み方もできますし、あるテーマについてじっくり考えるという「考える面白さ」を学べるところにもありそうです。

「ああ、これは実にフレームワーク思考のよい実践例だなあ。さすが『地頭力』の細谷さん」と思いつつ読み進めました。フレームワーク思考を学ぶ本として見てみると、最後の20ページのヒント編が、ページ数に似合わず大きな価値を持っていることが分かります。

問題解決のプロセスになぞらえていえば、220ページをかけて問題の分析と原因追究に使ってきた思考法を、解決策の立案に用いたらどんな感じになるか?のヒントが、最後の20ページです。ハウツー本は前段を20ページにはしょってここを220ページにふくらませるわけですが、本書はその逆になっているのです。

……と思ったら、「おわりに」にこんな文がありました。
『すでにお気づきの方も多いかと思いますが、(略)“なぜ”論理的に、フレームワークを使って考える必要があるのかを、「フレームワーク」という言葉を使わずに定義してみよう、というのが本書の試みの一つでした。』
「お気づき」になったつもりで悦に入っていましたが、もとよりそれがねらいだったのか。

(本書は著者からご献本いただきました。ありがとうございます!)

(参考)
コミュニケーションギャップの3つの根本原因 - *ListFreak

友達に伝える
作成: 2011/5/27 by:koji


A-3 (自分)仕事力を伸ばす

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)