058. シンプルな転職のルール

先日のコンセプトノート『孤独であっても不安ではない』でご紹介したIさん、大学の非常勤講師でもあります。

就職相談、卒業生の転職相談にも乗る彼が学生に必ず語るという、「たった2つの転職ルール」を皆さんにもお教えしましょう。

1. 「次の次」を考える
2. 3年は絶対に辞めない

特に「次の次」というのが気に入りました。これはどういうことか。5年後にこういう仕事をしたいという絵を描き、その踏み台となる転職をしろということです。5年より先のことは考えても分からない。かといって刹那的に転職してもいいことはない。現実的かつ建設的であれという知恵が凝縮された、いいルールだと思いました。

とりあえず今の仕事から逃避するための転職なのかどうか、それは、「次の次」を考えているかどうかで分かります。

次の仕事を、「次の次」へのステップとして考えることで、会社にしがみつかない自分をデザインすることができます。


「自分ナビ」作成プログラムでも、チャレンジを9つの視点からミニ・チャレンジにブレークダウンします。またチャレンジ自体も「ありたい自分」を追求する具体的なアクションとして定義しています。少し先に目標を置いて、そこに至る道のりを考えるというのは転職に限らず「望ましい」ことですが、ちょっとパワーが必要なことでもあります。

「次の次」は、その簡易版として便利な言葉かもしれません。

友達に伝える
作成: 2003/5/29 by:koji


059. 21世紀の事業は「ひ・み・つ・ね」

コンセプトノート

057. 10年後の自分からの質問:「この10年、何してた?」

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)