119. 安眠のための五つの振り返り

中学校時代の話。部活の顧問の先生がいわゆる体育会系で、今から考えると珍妙なしきたりや罰をたくさん食らいました。

ある日、「今日から毎日練習後にこれを唱える」といって渡されたのが「海軍五省」。
引用:
海軍五省
一、至誠に悖(もと)るなかりしか(誠意に欠けた事はなかったか)
一、言行に恥づるなかりしか(恥ずかしい言動はなかったか)
一、気力に缺くるなかりしか(意気込みは充分だったか)
一、努力に憾(うら)みなかりしか(最善を尽くしたか) 
一、不精に亘るなかりしか(怠けなかったか―を己に問え) 
「海軍兵学校」―ウィキペディアより)

「先生。シセイとはどういう意味ですか」
「うむ。至誠とは誠の至りである」

何のことやらさっぱりです。とにかく、運悪く部長だったわたしが毎日五省を唱え、皆が復唱するという儀式がしばらく続きました。そして顧問が代わって立ち消えになったように記憶しています。

五省の方もすっかり忘れていましたが、いま考えると、一日の終わりに自分を振り返ってみるというのはよい習慣ですね。

この五省を改めて見てみると、それが「態度」に対する振り返りであることに気がつきます。目標を達成したか、成功したか失敗したかではなく、どんな態度で事に臨んだかだけが問われているのです。

たとえ目標を見失ってしまったように感じるときであっても、毎日生活している以上、小さな選択を重ねていかなければなりません。
自分は今日起きたことにどう接したか、どう身を処したかという「態度」を振り返ってみることは、何が自分にとっての「誠」なのか、何が自分にとっての「恥ずべき言行」なのか、つまり、何が「ありたい自分」なのかを考えることにつながります。

もちろん海軍五省でなくても構いませんが、寝る前に今日1日を振り返る問いを幾つか用意しておくのもよさそうです。失敗したから今日はダメな日だった…ではありません。1日を自分の基準に照らしてよい態度で過ごせたか。振り返るべきはそのポイントです。

友達に伝える
作成: 2005/2/11 by:koji
更新: 2013/10/7 by:koji


120. 人生に消しゴムはあるのか

コンセプトノート

118. 目標設定に活かす「道案内のコツ」

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

コメント

タグ(キーワード)