カテゴリ:恋
人が心から恋をするの… ( ブリュイエール )
恋とはサメのようなも… (  『アニーホール』 )
愛は惜しみなく与う。… ( トルストイ )
愛の表現は惜しみなく… ( 有島武郎 )
愛せよ。人生において… ( ジョルジュ・サンド )
愛の光なき人生は無意… ( シラー )
人が天から心を授かっ… ( ボワロー )
恋の悩みほど甘いもの… ( アルント )
そなたのために、たと… ( バイロン )
"ある一人の人間のそ… ( ツルゲーネフ )
恋の悲しみを知らぬも… ( 伊藤左千夫 )
恋とは巨大な矛盾であ… ( 亀井勝一郎 )
恋は罪悪ですよ。… ( 夏目漱石 )
恋愛とはなにか。私は… ( 太宰治 )
誠の恋をするものは、… ( シェークスピア )
全ての場合を通じて、… ( 萩原朔太郎 )
恋は多く人生の苦痛を… ( 国木田独歩 )
恋愛には四つの種類が… ( スタンダール )
恋にとどめを刺すあら… ( マリヴォー )
男にとって愛は生活の… ( バイロン )
恋は結婚より楽しい。… ( カーライス )
せつなる恋の心は尊き… ( 樋口一葉 )
恋愛はただ性欲の詩的… ( 芥川龍之介 )
最初の一目で恋を感じ… ( マーロー )
女の口から出る「いい… ( シドニー )
恋をして恋を失った方… ( テニソン )
恋はスペインの宿に似… ( メリット )
愛されることは幸福で… ( ヘルマン・ヘッセ )
短い不在は恋を活気づ… ( ミラボー )
恋は決闘です。もし右… ( ロマン・ラマン )
恋が生まれるにはほん… ( スタンダール )
愛する人と共に過ごし… ( スタンダール )
恋はうねぼれと希望の… ( スタンダール )
ラブレターを書くには… ( ルソー )
みずから苦しむか、も… ( レニエ )
恋は火と同じように絶… ( ラ・ロシュフ−コー )
恋愛を一度もしなかっ… ( ラ・ルシュフーコー )
真面目に恋をする男は… ( カント )
二十代の恋は幻想であ… ( ゲーテ )
恋は炎であると同時に… ( ソロー )
愛は最高の奉仕だ。み… ( 太宰治 )
なるほど、あの娘は美… ( クセノフォン )
恋と戦争においてはあ… ( フレッチャー )
経験が役に立たないの… ( レオトー )
恋愛、それは神聖なる… ( ルネサンス期の言葉 )
初恋とは少しばかりの… ( バーナード・ショー )
恋人として男と女で違… ( モーム )
恋ははしかと同じで、… ( ジェローム )
恋は熱病のようなのも… ( スタンダール )
キスをするときに、目… ( H・J・ブラウン )
少女の恋は詩なり。年… ( 長谷川如是閑 )
ふところの寂しい恋愛… ( 庄野順三 )
恋というものは、オー… (  『チャンピオン』 )
恋愛は戦争のようなも… ( メンケン )
男は別れの言い方が分… ( ヘレン・ローランド )
愛することにかけては… ( 三島由紀夫 )
愛とは、この女が他の… ( H・L・メンケン )
私の愛人が他の男によ… ( ボワンスロ )
三つのマッチを一つ一… ( ジャック・プレヴェール )
一人の男だけ見つめて… ( ラ・ブリュイエール )
愛する――それはお互… ( サン・テグジュペリ )
あなたは愛するものの… ( 曽根綾子 )
「人生は重大なものだ… (  『輪舞』 )
女と車の運転は似てい… ( バート・レイノルズ )
恋は二人のエゴイズム… ( アントワール・サール )
頼むから黙って、ただ… ( ジョン・ダン )
愛されるって何の役に… ( ルイ・フェンデナンス・セリーヌ )
愛とは決して後悔しな… (  『ある愛の詩』 )
若者よ恋をしろ、身分… ( 関川逍市 )
男は目で恋をし、女は… ( ワイアット )
恋というのは一つの芝… ( 谷崎潤一郎 )
恋のチャンスは、熟れ… ( ヴァレーヌ )
恋する男と女が一緒に… ( ラ・ロシュフーコー )
たいていの男は、割と… ( イルカ・チェイス )
恋愛は常に不意打ちの… ( 立原正秋 )
愛し愛されるというこ… ( デヴィット・ヴィスコット )
あなたは女だ。だから… ( イプセン )
期待なしに恋をするも… ( シラー )
若き日の恋なんてな、… ( ウィル・ディラント )
相手の話に耳を傾ける… ( ポール・ネイリッヒ )
まともな男は、三十歳… ( H・L・メンケン )
彼が夕食に遅れるとき… ( ジェシカ・タンディム )
片思いでもいいの。二… (  『荒野を歩け』 )
友情は多くは見せかけ… ( シェイクスピア )
惚れるのは状態であり… ( ルージュモン )
恋やセックス以外にも… ( ボブ・ディラン )
分別を忘れないような… ( トーマス・ハーディ )
恋のことなら、どんな… ( バーナード・ショー )
ロマンを求める人間に… ( イネッサ・アルマンド )
恋の苦しみは、あらゆ… ( ドライデン )
会って、知って、愛し… ( コールリッジ )
口先だけで「愛してる… ( スタンレー・ムーニーハム )
あまりしつこくつきま… ( シェークスピア )
でも、何といったって… ( ウィリアム・コングリーヴ )
初恋に勝って人生に失… ( 三島由紀夫 )
もはや愛してくれない… ( ジョルジュ・クールトリーヌ )
人はつねに初恋にもど… ( エチレンヌ )
手の上なら尊敬のキス… ( グリル・パルツァー )
愛は死よりも強く、死… ( ツルゲーネフ )
恋愛の十分の九は愛す… ( サンタヤーナ )
この世で一番重い物体… ( ボーブナグル )
女の行動に理由なんか… (  『天使』 )
ねえやさしい恋人よ私… ( 萩原朔太郎 )
男と交際しない女は次… ( アントン・チェーホフ )
愛情とはからだとから… ( 金子光晴 )
男はどんな女といても… ( オスカー・ワイルド )
真実の恋とは何かわか… (  『クリフハンガー』 )
男は清らかな美にひか… ( オヴィティウス )
恋する男たちは泥棒と… ( デュクロ )
頭のいい人は恋が出来… ( 寺田寅彦 )
男は恋を恋することか… ( グールモン )
ロマンチックな恋だけ… ( ロバート・ジョンソン )
夜の静けさのなかで、… ( ジョディ・ガーランド )
やりかたやハウツーな… ( オルダリ・ハクスリー )
恋のいいところは、階… ( コレット )
愛の一触れで、人は誰… ( プラトン )
財産も地位も、愛にく… ( グラッドストン )
どんなに愛しているか… ( ペトラルカ )
体のほうはわりと早く… ( 阿刀田高 )
恋の病を癒す薬はいく… ( ラ・ロシュフコー )
真実の愛は幽霊のよう… ( ラ・ロシュフコー )
恋愛――患者を結婚さ… ( A.ビアス )
人は、本当に愛してい… ( 太宰治 )
情熱的に恋したことの… ( スタンダール )
恋とは甘い花のような… ( スタンダール )
恋愛の市場株価に、安… ( A・プレヴォ )
二人のうちどちらかが… ( へミングウェイ )
恋愛はポタージュのよ… ( ジャンヌ・モロー )
恋愛とは二人で愚かに… ( ポール・ヴァレリー )
そのほくろの中にいぼ… ( ジュール・ルナール )
一つのまなざし、一度… ( モロア )
友情と恋愛は一つの根… ( G・クロップシュトック )
恋愛とは美しい少女に… ( ジョン・バリモア )
恋は気がつかないうち… ( ドブソン )
嫉妬は恋の姉妹である… ( ブーフレール )
安定は恋を殺し、不安… ( マルセル・ブルースト )
愛する女と一緒に日を… ( バイロン )
報いられぬ恋は霜にう… ( ローぺ・デ・べガ )
月にむかって、『そこ… ( プーシキン )
バラが刺の中に咲くよ… ( アルント )
恋の灯は時として友情… ( アンリ・ド・レニエ )
恋愛を前にした時のた… ( ナポレオン・ボナパルト )
人は恋愛を語ることに… ( パスカル )
一生涯ひとりの異性を… ( L・N・トルストイ )
愛されているという驚… ( チャールズ・モーガン )
恋をすると頭に火がつ… (  『突然炎のごとく』 )
恋愛をして分かること… ( 吉行淳之介 )
愛とは相手に変わるこ… ( ディエゴ・ファブリ )
恋は富よりもはるかに… ( アベ・プレヴォ )
われわれを恋愛から救… ( 芥川竜之介 )
本を読んでも、物語や… ( シェークスピア )
恋は目で見ず、心で見… ( シェークスピア )
ほどほどに愛しなさい… ( シェークスピア )
恋は愚か者の知恵であ… ( S・ジョンソン )
恋が強烈でないのは恋… ( モンテーニュ )
十人十色というからに… ( トルストイ )
男「君は会うたびに美… (  『ジョルスン物語』 )
愛というのは、どんど… ( 尾崎豊 )
いかに見栄えしない草… ( 野上弥生子 )
甘い恋よ!ああ、お前… ( アイヒェンドルフ )
尊敬ということがなけ… ( フィヒテ )
性本能なしにはいかな… ( オルテガ・イ・ガセー )
この社会に存在してい… ( シャンテフォール )
人はある恋を隠すこと… ( サブレ夫人 )
恋というものはなんと… ( スタンダール )
恋は単純で原始的な行… ( アナトール・フランス )
恋愛の誕生はあらゆる… ( モーロア )
恋愛の真の本質は自由… ( シェリー )
少しのきまじめさは恋… ( ロマン・ロラン )
愛する人に本当のこと… ( ラ・ロシュフーコー )
恋愛が与えうる最大の… ( スタンダール )
男がもっとも情を込め… ( アンリ・ド・レニエ )
恋をした後のもっとも… ( ジード )
恋する男からみれば、… ( モーロア )
女が君を愛すると誓っ… ( エズワール・ブールデ )
ラブレター……青年は… ( アンドレ・プレヴォ )
愛情と欲情が溶け合っ… ( アンリ・ド・レニエ )
恋の力は、身をもって… ( アベ・プレヴォ )
女性が最も激しく愛す… ( アンドレ・プレヴォ )
恋愛は永遠である。そ… ( アンリ・ド・レニエ )
快楽の対象とされてい… ( ボードレール )
心がわりせぬことは、… ( ヴォーヴォナグル )
嫉妬は常に恋と共に生… ( ラ・ロシュフーコー )
恋愛においては、恋し… ( ランクロ )
一緒に泣いた時に、は… ( エミール・デシャン )
愛することとはほとん… ( ユゴー )
残念なことに、私達は… ( コレット )
理解し合うためにはお… ( ジェラルディ )
我々の最も大きな誤り… ( サシャ・ギトリ )
人間は自分の恋してい… ( モーリアック )
恋人どうしのけんかは… ( テレンティウス )
軽い苦痛と浮気な恋だ… ( オスカー・ワイルド )
古くなって値打ちが出… ( べガ )
時間は友情を強めるが… ( ラ・ブリュイエール )
大恋愛の経験のある者… ( ラ・ブリュイエール )
恋に肩をたたかれた時… ( プラトン )
恋の口説は、できるだ… ( ロ―ぺ・デ・べガ )
恋愛は人情の永久的な… ( スマイルズ )
人生はチャンスだ。結… ( 大宰治 )
愛は、この世に存在す… ( 太宰治 )
恋愛論を得意気に語る… ( マーフィーの法則 )
その人が好きなのか?… ( 伊藤守  『恋の法則100』 )
もしも人から、なぜ彼… ( モンテーニュ  『エセー』 )
恋愛というものは常に… ( 坂口安吾 )
もしクレオパトラの鼻… ( パスカル )
初恋の魅力は、この恋… ( ディズレーリー )
初恋は、男の一生を左… ( モロア )
初恋は純の醇(じゅん… ( 厨川白村(英文学者) )
女は初めてできた恋人… ( ラ・ロシュフーコー )
恋は空腹で生き、満腹… ( ミュッセ  『マルドッシュ』 )
月と恋は満ちれば欠け… ( ポルトガルの諺 )
彼らにとって絶対に必… ( 夏目漱石  『門』 )
分かっているでしょう… ( ラクロ  『危険な関係』 )
当人が偉大になればい… ( エマーソン  『霊の法則』 )
最初のキスを笑いなが… ( シュニツラー )
あの人が私を愛してか… ( ゲーテ  『若きウェルテルの悩み』 )
どうしてもどうしても… ( 吉本ばなな  『とかげ』 )
人生で一番楽しい瞬間… ( ゲーテ )
恋する女の最高の幸福… ( ボーヴォワール )
人を誘惑することので… ( キルケゴール  『誘惑者の日記』 )
お前の唇は苦い味がし… ( O・ワイルド  『サロメ』 )
愛してくれているとは… ( ダヌンチオ  『死の勝利』 )
魅力あるもの、キレイ… ( 遠藤周作 )
男が他の女に恋をした… ( イルダ )
"恋には二種類ある。… ( コレット )
愛と憎しみは双生児で… ( 野上弥生子  『夫と妻』 )
自分の生活に何かを加… ( モンテルラン )
情念は過度でなければ… ( パスカル )
女というものは幸福な… ( ルノルマン )
宇宙をただ一人の者に… ( ユゴー )
全ての偉大な恋愛のう… ( モロア )
空は女の恋のようなも… ( モーリス・トンプソン )
恋愛は若いものの幸福… ( シルス )
心の底を傾けた深い交… ( エウリーピデース )
ヘルメル「男はだな、… ( イプセン )
女が男を愛するという… ( ブローニング )
恋愛においては疑うよ… ( ラ=ロシュフーコー )
夜中に命がけで書いた… ( マーフィの法則 )
どの女性も一生に一人… ( リチャード・J・ニーダム )
私がお前を愛するごと… ( キプリング )
恋は、できの悪い学者… ( アレクサンドリクス )
あなたと一緒に歩く時… ( サッカレー )
恋は小鳥のように小枝… ( ワトソン )
人が恋をしはじめた時… ( スキュデリ )
恋と噂話はいちばんお… ( フィールディング )
恋の運命は目隠しゴッ… ( グリボエードフ )
恋が入ってくると、知… ( ローガウ )
恋は、それが秘密でな… ( アラフ・ベーン )
人間は恋と革命のため… ( 太宰治 )
短く笑って、長く泣く… ( ガイベル )
18歳では即座に崇拝… ( コック )
男が女を愛する第一の… ( グールモン )
愛情には一つの法則し… ( スタンダール )
恋をする男は自分の能… ( シャンフォール )
恋というものは心から… ( モーリス・ブデル )
男は自分が幸福にして… ( アシャール )
あの女が落とした扇子… ( エリュアール )
学問のある人間が大勢… ( チェーホフ )
 

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

タグ(キーワード)