カテゴリ:生と死
話好きが暖炉に背を向… ( ポール・ヴァレリー )
もし本当に死の精髄を… ( ジブラン )
人間は心の底ではまっ… ( シャトーブリアン )
生は全ての人間を水平… ( バーナード・ショー )
私自身の一部分は恐怖… ( G.ティボン )
人類はまだ未成年であ… ( ルイス・ニュセラ )
一粒の麦は、地に落ち… ( ヨハネによる福音書12:24 )
人生は山登りのような… ( G.モーパッサン )
このところずっと、私… ( ダ・ヴィンチ )
我々が誕生を喜び、葬… ( マーク・トウェイン )
死だけが唯一の本当の… ( エレン・スー・スターン(米:女性コラムニスト) )
最初に自殺しようと考… ( ジョルジュ・ぺロ )
人生は夢である。死が… ( ホジヴィリ )
今年死ぬ者は、来年は… ( シェイクスピア )
だって治療にはとても… ( ルニャール(仏・喜劇作家) )
死ぬことは悪くない。… ( ジュール・ルナール )
生きているということ… ( ポール・モーラン )
死ぬことはなんでもな… ( マルセル・パニョール )
人は、いつか必ず死ぬ… ( M.ハイデッガー(独・哲学者) )
私が死んだ時、私のた… ( ユーゴスラビアの諺 )
人間が幸福の夢を追う… ( シャトー・ブリアン )
生きる理由はないが、… ( ジャック・リゴー  『遺稿集』 )
私が死んだとき、一匹… ( エミリ・ディキンスン )
人はいつだって、いろ… ( ピーター・ビーグル )
どこで死が我々を待っ… ( モンテーニュ )
死の恐怖は、解決され… ( トルストイ )
人は、自然の悪を知る… ( シャンフォール )
不幸な人間にとって、… ( アレクサンダー・チェイス )
死の持つ恐怖はただ一… ( エリック・ホッファー )
人間は、死ぬことを密… ( C・ウィルソン )
もっとも偉大な人々は… ( ロマン・ロラン )
墓は、運命の嵐を防ぐ… ( リヒテンベルグ )
死ぬよりも、生きてい… ( 榎本健一 )
私は生きているときに… ( チェザーレ・ボルジャ )
人間的に言えば死にも… ( ラ・ブリュイエール )
人間一度しか死ぬこと… ( シェークスピア )
臆病者は本当に死ぬま… ( シェークスピア )
自分の命を愛しても憎… ( ミルトン )
生まれた以上死なねば… ( クリティアス )
私たちは死の心配によ… ( モンテーニュ )
我々は、大人も子供も… ( ロレンハーゲン )
死のことは考えるに及… ( シェンキェーヴィチ )
人間はまだ十分に幸福… ( エンゼ )
死を恐れることは、自… ( クラウディウス )
生まれたことは確かに… ( サローヤン )
我は生きようとする生… ( シュヴァイツァー )
人生は素晴らしいが、… ( スウィンバーン )
何故死を恐れるのか?… ( フローマン )
生きたいと思わねばな… ( ナポレオン )
死んでみたところでな… ( S・D・コレット )
死ぬなら楽に死ぬ。苦… ( 伊丹十三 )
死は存在しない。生き… ( ドゥワミッシュ族の格言 )
お前の人生が戯れにす… ( クレッチマン )
我々はときおり、悪夢… ( N・ホーソン )
賢者は、生きられるだ… ( モンテーニュ )
我々は命あるものを、… ( プルタルコ )
眠い人が眠るように、… ( サルバドール・ダリ )
人は誰しも、一人で生… ( ヤコブセン )
神はこの世の終わりを… ( キャサリン・ノリス )
人生において、諸君に… ( シラー )
人生はほんの一瞬のこ… ( シラー )
あらゆる生あるものの… ( フロイト )
死のうと思っていた。… ( 太宰治 )
死すべき時を知らざる… ( ラスキン )
死はありとあらゆる悲… ( チョウサー )
生きている兵士のほう… ( ナポレオン )
死を願望するものは惨… ( ハインリヒ四世 )
神々が愛する人たちは… ( メナンドロス )
私の疲れた心よ。生き… ( アミエル )
生きることは病であり… ( ウェーバー )
人生は一歩一歩、死に… ( コユネイル )
生きるべきか、死すべ… ( シェークスピア )
私はつらい人生より死… ( アイスキュロス )
若いうちに自殺しなさ… ( ピエール・デプロージュ )
ハンカチ――顔に関し… ( アンブローズ・ビアス )
死とは、私達に背を向… ( リルケ )
われわれの生まれ方は… ( ユーゴスラビアの格言 )
私は神に会う覚悟はで… ( ウィンストン・チャーチル )
真理は瀕死の人の唇か… ( マシュー・アーノルド )
人間は生きることが全… ( 坂口安吾 )
私達は生まれたとたん… ( マリニウス )
いくら長生きしても、… ( ロバート・サウジー )
人生が死より恐ろしい… ( トーマス・ブラウン )
死は救いとは言いなが… ( 大佛次郎 )
このお盆に生きている… ( 吉川英治 )
生死などは何でもない… ( 稲垣足穂 )
死者も我々がまったく… ( ジョージ・エリオット )
なぜ死を恐れるのです… ( ロシアの諺 )
最初の呼吸が死の始め… ( フラー )
いまだ生を知らず、い… ( 孔子「論語」 )
天国はすごくいいとこ… ( 作者不明 )
終わり良ければすべて… ( シェークスピア )
花に嵐のたとえもある… ( 井伏鱒二 )
死とは、ピクニックの… ( W・H・オーデン )
命というものは、はか… ( トーマス・マン )
死は生の対極としてで… ( 村上春樹 )
昨日まで人のことかと… ( 蜀山人 )
死んで誰一人泣いてく… ( 徳富蘆花 )
どのみち死なねばなら… ( 梅崎春生 )
死は人生の終末ではな… ( ルター )
人間、死ぬときは死ぬ… ( 白隠 )
立派に死ぬことは難し… (  『無防備都市』 )
死者にたいする最高の… ( レーントン・ワイルダー )
誰でも死ななくちゃい… ( ウィリアム・サローヤン )
命とは、セックスで感… ( ガイ・べラミイ )
あたかも良く過ごした… ( レオナルド・ダ・ビンチ )
死が老人だけに訪れる… ( へルマン・ファイフェル )
私は生きることが大好… ( ジョルジュ・シムノン )
天が私にあと十年の時… ( 葛飾北斎 )
人生は旅行であって、… ( ドライデン )
生涯をかけて学ぶべき… ( セネカ )
人は死ぬ瞬間までも、… ( 武者小路実篤 )
死ぬ前に病気にならん… ( ソルジェニーツィン )
死ぬということは、生… ( 谷崎潤一郎 )
人間は、みんなに愛さ… ( 川端康成 )
死と太陽は直視するこ… ( ラ・ロシュフーコー )
虎は死して皮を残し、… ( 吉行淳之介 )
僕が死を考えるのは、… ( マルロー )
幕を降ろせ、喜劇は終… ( ラブレー )
墓場は、一番安上がり… ( ラングストン・ヒューズ )
私はあの世なんて信じ… ( ウディ・アレン )
 

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

タグ(キーワード)