カテゴリ:最後の言葉
娘のために死ねない。… ( 池田貴族 )
皆、子供はあまり出来… ( 太宰治〔遺書〕 )
ながい間、いろいろ親… ( 原民喜〔遺書〕 )
愛の前に死がかくまで… ( 有島武郎〔遺書〕 )
なぜみんなそんなに俺… ( 若山牧水 )
重く散って軽く掃かる… ( 厳谷小波(童話作家) )
これからは誰がシェー… ( マーラー )
書くんだ、紙、鉛筆…… ( ハイネ )
あの気の毒な国王ルイ… ( ルイ十五世〔墓碑銘〕 )
全世界で足りなかった… ( アレクサンドル大帝〔墓碑銘〕 )
私は自然のよき法則に… ( マチュラン・レニエ〔墓碑銘〕 )
ここにかわいい幼な子… ( ロバート・へリック〔幼子に捧げる墓碑銘〕 )
束縛があるからこそ私… ( マハトマ・ガンジー 〔遺言詩〕 )
僕は負けたのか……。… ( グレート金山(ボクサー) )
多くのことを理解した… ( クロティウス(死の二日前、泣きながら妻に向かって) )
急に何だか悲しくなっ… ( 国木田独歩 )
死ぬとは、とても手間… ( A.フランス )
もっとシャンパンを飲… ( メイナード・ケインズ(処刑の際、死刑執行人に向けて言ったとされる) )
いいかい、勇気を出し… ( トマス・モア(英・政治家、哲学者) )
Life is a … ( ジョン・ゲイ〔墓石碑〕 )
"Thank God… ( ホレイショ・ネルソン(英・軍人) )
"Turn up t… ( O・ヘンリー )
どうか、我々の家族の… ( ロバート・スコット(米・探検家) )
さようなら、お友だち… ( I.ダンカン(米・舞踏家) )
人の苦しがるのを見る… ( 小泉八雲(日〔英〕・小説家) )
まだまだ自分の何分の… ( ジェームス・ディーン〔死の一週間前のセリフ〕 )
拍手を。お芝居は終わ… ( アウグスティヌス )
死を前にしてはニーチ… ( 瀬田栄之助(日・作家)(家政婦が彼に「臨終の言葉を言ってください」と頼んだときにいった言葉。結局これ )
あっちに行け、出て行… ( カール・マルクス )
わかってる、わかって… ( ユージン・オニール(劇作家) )
我が魂は神に、我が娘… ( ジェファーソン(米・政治家) )
解決の道は今はまった… ( チェスタートン(英・作家) )
(夫に向かって)ねえ… ( シャーロット・ブロンテ(英・作家)(娘が「少しベッドの上でからだの位置を変えると、呼吸がもっと楽にな )
死にかけている者は、… ( フランクリン )
私の時間になった。死… ( バイロン )
老人になって死でやっ… ( 高村光太郎 )
あたしが万一いなくな… ( 岡本かの子 )
私のクララよ……私に… ( シューマン )
私は出来るだけのこと… ( フォーレ )
私は真実を愛する……… ( トルストイ )
ビアンション!ビアン… ( バルザック )
わが神よ!どうして私… ( イエス・キリスト )
ゲッペルス、俺と妻の… ( アドルフ・ヒトラー )
気を落とさないように… ( ルソー )
恐ろしい夢を見た。死… ( オスカー・ワイルド )
今日が、私の人生で唯… ( マリー・テレーズ )
生きるなんて嫌なこと… ( マルガリット(スコットランド・貴族) )
(注射をしにきた医者… ( ローランサン )
もう結構です。そっと… ( キュリー夫人 )
平和……闘争……中華… ( 孫文(中・政治家) )
エルヴィラ(妻)……… ( プッチーニ(伊・作曲家) )
あなたより先に死ねる… ( ラシーヌ(仏・詩人) )
死なせてくれ。……私… ( ポール・クローデル(仏・作家) )
僕の体を起こしてくれ… ( ジョン・キーツ(英・詩人) )
もう命はおしまいだ。… ( プーシキン(露・詩人) )
お願いだ。アレック、… ( シンクレア・ルイス(米・作家) )
食べたくない。このま… ( 成田キン )
死ぬのにひどく時間が… ( チャールズ二世 )
フランス……軍隊……… ( ナポレオン一世 )
神よ、永遠に我を見捨… ( パスカル )
土の中では窒息してし… ( ショパン〔死の前日の言葉〕 )
私の仕事は終わった。… ( ジョージ・イーストマン )
なるほど、これが死と… ( カールライス )
死骸を火葬にして灰を… ( エンゲルス〔遺言〕 )
向こうはとても美しい… ( トーマス・エジソン )
天国では、耳が聞こえ… ( ベートーベン )
これから小説を書かね… ( 谷崎潤一郎 )
友よ拍手を!喜劇は終… ( ベートーベン )
わしの図表に近寄るな… ( アルキメデス )
私はちょっと外へ出て… ( ロレンス・オーツ )
行ってくれ。私は大丈… ( H・G・ウェルズ )
その枕を持っていって… ( ルイス・キャロル )
お母さん……私の気の… ( ショパン )
ああ、苦しい、今、死… ( 夏目漱石 )
よろい戸を開けてくれ… ( ゲーテ )
眠れる……、やっと眠… ( ミュッセ )
じゃ、また。いずれあ… ( マーク・トゥエイン )
これでおしまい……。… ( 勝海舟 )
死ぬことは、ちっとも… ( ダーウィン )
もうすっかり、いやに… ( チャーチル )
何事か夢まぼろしと思… ( 足利義政 )
四十九年一睡の夢一期… ( 上杉謙信 )
石川や浜の真砂は尽き… ( 石川五右衛門 )
露と落ち露と消えにし… ( 豊臣秀吉 )
いたずらに月日を送り… ( 伊達正宗 )
旅に病んで夢は枯野を… ( 松尾芭蕉 )
露の世は露の世ながら… ( 小林一茶 )
うらを見せ表を見せて… ( 良寛 )
願わくは花の下にて春… ( 西行 )
余は石見人、森林太郎… ( 森鴎外 )
葬式の類は一切無用の… ( 梅原龍三郎〔遺言〕 )
墓地を買うことなど断… ( 尾崎秀実〔遺言〕 )
われらたのしくここに… ( 西条八十〔墓碑銘〕 )
一生を棒に降りし男こ… ( 高村光太郎〔墓碑銘〕 )
 

新規ユーザー登録(無料)

  • メールニュース[週刊起-動線]の購読
  • コメントなどの投稿
  • ココロミの利用
  • 一部コンテンツの購読

ログイン

タグ(キーワード)